仙台初詣合格祈願 福祉と動物の仕事と資格

福祉の仕事と資格2

仙台初詣合格祈願 仕事と資格

仙台初詣合格祈願 福祉の仕事と資格2

仙台初詣合格祈願 児童福祉司

行政機関の児童相談所に勤務して、福祉を増進する仕事に従事します。
児童福祉法は、児童が心身ともに健やかに育成する義務を目的とするもので、すべての児童を対象とし、児童とは1歳未満の乳児、小学校低学年の幼児、18歳未満の少年までをさします。
この福祉法に基づいて、健全な育成、養護、教護、精神薄弱、視聴言語障害などの相談に応じるのが児童相談所で、医師や心理判定員の協力のもとに、相談や調査や措置などを行います。
児童の将来にかかわる重要な仕事であり、愛情や熱意、専門知識が必要です。
資格は大学で所定の単位を修得するか、厚生労働大臣指定の専門学校を卒業すれば取得できます。

仙台初詣合格祈願 福祉事務所ケースワーカー

生活上の困難に直面している人々の直接の窓口として、その相談にのり、問題の解決や困難の軽減について助言をしたり、望ましい援助の方法や対策を見い出す仕事です。
福祉事務所に勤務するケースワーカーについては、社会福祉事業法で、その資質・資格が定められています。ケースワーカーとケースワーカーを指導監督する査察指導員などは社会福祉主事でなければなりません。
ケースワーカーの資質としては、社全福祉に対する熱意をもち、悩みをもつ人に対する思いやり、洞察力があることはもちろん、幅広い知識と教養が求められます。

関連資格
社会福祉主事
資格区分 任用資格
資格の説明 社会福祉行政の中枢を占める専門職員福祉事務所や児童相談所など福祉行政の仕事に従事するときに必要な要件として定められたもの。仕事の内容は総じてソーシャルワーク。社会福祉主事任用資格が、施設職員や社会福祉協議会職員、公務員の福祉職など、社会福祉の様々な分野で広く採用基準とされている。
取得方法 任用資格を得るには(1)大学か短大で社会福祉関連の指定科目を3科目以上履修 (2)社会福祉主事の養成校(厚生労働大臣指定の専門学校)を卒業、のいずれかで取得できる。また、現在福祉現場に従事している者や行政職員には、養成認定講習会が別にある場合がある。
問い合わせ 都道府県民生部社会福祉担当課
取得後の進路・職業 福祉事務所のケースワーカー、社会福祉施設の指導員、社会福祉協議会の社会福祉活動専門員など。

仙台初詣合格祈願 ホームヘルパー(家庭奉仕員)

老人家庭や心身に障害のある人の家庭を定期的に訪問して、その人たちの食事や身の回りの世話をしたり、生活や身の上についての相談、助言をする社会福祉の仕事です。
ホームヘルパーになるには、心身ともに健康であること、福祉へ理解と熱意があることなどが求められます。
年1回以上の研修を受けることが決められています。
収入は各市町村によって異なります。
今後は老人世帯の増加や心身障害者の未派遣家庭がまだ多数あることなどから、かなり増員が見込まれています。

関連資格
介護福祉士
資格区分 国家資格
資格の説明 高齢化社会、地域社会での重要な福祉業務に従事する。寝たきりのお年寄りや身体に障害をもつ人たちの食事や排泄、入浴、外出、身辺の整理整頓など、日常生活の介護を行う。お年寄りや障害者の家族に介護法を指導するのも大切な仕事で、高齢化社会を担う社会福祉サービスの中心的存在。
取得方法 国家試験を受験するには、(1)介護福祉士養成の専門学校などを卒業する、(2)3年以上老人ホームなどで介護の業務に従事して実務経験を積む、(3)高校の福祉科を卒業、あるいは高校で福祉に関する指定科目を修了している、などが求められる。
問い合わせ (財)社会福祉振興・試験センター
TEL 03−3486−7521
取得後の進路・職業 これからますますニーズが高くなる一方で、福祉施設、医療施設、医療機関など専門知識と技術を発揮する場は増加の一途をたどるはず。

仙台初詣合格祈願 保護司

犯罪や非行をした者の改善、更生を図るために適切な援助、指導をするとともに、犯罪の予防を使命とする仕事に従事します。


仙台初詣合格祈願 福祉と動物の仕事と資格ページTOPに戻る